現在進行形【2024年1月24日 母への介護手配始まる】③~連絡断絶後の母との再会(認知症と歩行困難)~                 

毒親の因縁を断ち切って自由なあなたを生きる「オリジナルライフメソッド」香月映見です。

今日もブログを読んでくださり、大変ありがとうございます。

親との連絡断絶から4年を経て、今年1月下旬からまた接触再開した私と母の関係 + 現在進行形で手配中の高齢者介護の最新公的サポート体制なども本編に織り交ぜながら、書いていこうと思います。

初回はこちらからhttps://original-ownlife.com/blog-2024-05/
現在進行形【2024年1月24日 母への介護手配始まる】~序曲~親との連絡断絶①

2通目はこちらからhttps://original-ownlife.com/blog-2024-06/
現在進行形【2024年1月24日 母への介護手配始まる】~序曲~親との連絡断絶

心理的な解説も交え、介護に関係ない方にもお楽しみいただける内容となっております。

◆このブログのポイント

 安心できる誰かがいてくれる、という幸せと感謝

 私の在り方 カウンセリングのビフォー・アフター

 長らく人を憎み恨むと、どうなるのか

ではひとつづつ、説明してきますね

どうか必要な方に、届きますように。

ざっとこんな感じです。↓

・2019年3月~12月 親への怒りからカウンセリングに臨む

・2020年2月4日  コロナ直前、実家へ帰省

2020年7月20日~8月頭 母との連絡を断絶開始 ← ~序曲~①②

・2022年10月22日 ギャンブラーな父、逝去(私、コロナ禍にて日本へ帰国せず)

2024年1月20日 母との再会 ←このブログ、ココ

・2024年1月24日~ 母の介護手配開始 

・2024年3月21日 母、介護保険証取得。介護度は要介護1

・2024年4月9日  母にケアマネジャーが付き、介護プランが決まる

・2024年4月11日 介護プランを担う様々な事業所と母が契約開始

◆母との再会にグズグズする私

カウンセラーなら、すっかり達観して心穏やか。4年ぶりの再会後は「母と嘘のように仲良し!」には・・・

なれません。なりません。はい。

個人的には、母の葬式には帰ろう、とは思っていました。

それまでは、母の生死はもう私に関係なし!とかなり腹を括っておりました。

ところが、1月下旬どうしても再会を避けられない事態となってしまったのです。

(それでも何とか避けようと、カウンセラーの先輩に相談したり何やらかんやら、かなりグズグズしておりました、ワタシ)

母との再会を避けたかったわけはですね、「連絡断絶をして、いいこと しか無かった」からなんです。 なので、もう単純に「会うのがイヤ」だったのです。

【良かったこと】
・お腹が頻繁に痛くならなくなった!
・通年性鼻炎の頻度がかなり減った!
・毎日心身が軽い~!
・通信大学を卒業できた!
・カウンセラーとしてデビュー出来た!
(まずは自身の傾聴訓練として、ひとり親支援サイトでボランティア・カウンセリングを始めました。今も継続支援しています)

母へ使っていたエネルギーが自分に戻って来た結果、以前より疲れにくくなり、実に精力的に色んなことが出来たので自分でも結構驚きました。

(逆に言うと、どんなけエネルギー奪われてたん!? っちゅー話です。しかも約40年も。)

◆ああ、ピンチ。どうしよう・・「会うの嫌すぎる」

私には、台湾の大学に留学中の娘がおります。

彼女が「コロナで延び延びになってた成人記念の写真を、日本で撮りたい!ママの晴れ着を着たい!!」

嬉しいこと言うてくれますやんか~♬ 

娘と休みを合わせて、関西へ!まず、詳しい友人にも聞いて写真館を予約!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ ヤッタ~!

ゔ・・・晴れ着って、実家に取りに行かねばならないぃぃぃ

始末の悪い乱雑な家なので「晴れ着1セット」が綺麗に揃っていることは、絶対にない。

ということは、あちこち探さねばならな~い。

娘一人に行かせて色々見つからず、せっかく楽しみにしている撮影で彼女に嫌な思いをさせるのは是が非でも避けたい。

考えに考えた上に、娘と一緒に実家に「晴れ着を取りにだけ」行くことにしました。

宿は外にホテルを取りました。(皆さんも、近くに行ったからってわざわざ実家に泊まらなくてもOK)

なんかもう呪いのこもったあの家には何ら良い思い出もなく、いつも散らかっているし頭が痛くなるからです。

お蔭様で、素晴らしく楽しく幸せな時間流れる撮影でした。

スタジオ方々と私と前夫の下に生まれて来てくれた娘に、感謝。

◆ポイント⑤ 安心できる誰かがいてくれる、という幸せと感謝

実は関西へ帰るに際して、私には娘の撮影以外でどうしても実現させたいことがありました。

コロナ禍でギャンブラー父が逝去した際に、親戚縁者でもないのに葬儀を手配し仕切ってくれた実家近所の幼馴染T君と、隣の市に暮らすMさん(80代男性、母の長年の親友女性の旦那さん)を、食事会に招待したかったのです。

本当に「遠くの親戚より近くの他人」です。信頼できる良き友人に恵まれ、本当に有難い限りです。

娘も交えてこのメンバーで食事できるなんて、千載一遇の機会だ、と心から嬉しかったのです。

T君とMさんも、初対面。私は自分の好きな人同士が繋がることに、とても幸せ感じます。

T君とは、お互いヨチヨチ歩きからのご縁。

Mさんとは、私が幼少の頃から家族ぐるみのご縁。父母の散財の件では、誠心誠意私の味方になってくれて何度も実家へ行ってくれました。

どちらも私の良き理解者であり、生涯を通じてのご縁だと思っています。

父はもう長くないなと踏んだ私は、たまたまですがコロナ禍直前の帰国時に「家族葬」のプランを幾つか印刷し、彼らに「私がすぐ帰国できなかったら、手配開始頼みます」と手渡していたのでした。

その時は、コロナでその後数年に渡り渡航困難になるとは露とも知らず。

T君とMさんは面識も無いので、二人に渡した資料には双方の電話番号も一応書いておきました。

それがあったので、お互い連絡が取れたとのこと。見ず知らずの間柄なのに、父の葬儀手配のため二人で連絡を取り合ってくれていました(涙)

(母は何かあってもオロオロ嘆くか激高するだけなので、あてにはしていなかった)

どちらも食事会を非常に喜んでくれて、私もとても楽しみになって来ていた頃、MさんからLINE通話ありました。

「お母さん、呼ばへんのか?」と。

口ごもる私にMさんは「エミちゃん嫌なら、呼ばんでええんやで(呼ばなくていいよ)」

う~ん、呼ばなくても翌日には実家に晴れ着を取りに行かねばならないし、「母、呼ぶことにする。おっちゃんいてくれたら、安心やしね。大丈夫な気する」と返しました。

嫌は嫌なのですが、Mさんがいてくれる、T君がいてくれる。私の中に安心が増え、母と再会する決心がつきました。

誰かがいてくれることで、一人では越えられなかったところを越えて行ける。

本当にこの二人の存在には、感謝しかありません。

◆母との再会

娘は先に実家に行っており、私が香港から帰った日の夜に地元で食事会となりました。

4年ぶりに見る母は・・・

「認知症初期」(まだらボケ。早期記憶と時間軸に、認知症あり)

「(O脚悪化)四本足の杖無しでは、歩行困難」という有様でした。

エライ変わりようだ・・・前から変だったが、更に輪をかけて困難でシンドイ人になっている。

心身、何もメンテせず、自分を粗末にし倒す人。

せっかく奮発してホテルのレストランにしたのに、なんで毛玉一杯のカーディガンとスエットズボンやねん。

そして私に会うなり「エミ、久しぶりやな。M子がさ」といきなり(私の)妹の悪口が始まり、ほんとこの人ムリ、というのが私の率直な感想です。

この人は娘から何年も連絡なく、電話かけても切られているのに(私、出なかったので)、何にも分からないし、向き合おうとしないんだなぁ、とただただそう感じました。

私は本当にこの人から、生まれて来たんだろうか。

◆ポイント⑥ 私の在り方 カウンセリングのビフォー・アフター

ただね、そんな母と再会しても、自分でも驚くほど心がフラットな湖面だったのです。

怒りも無く、喜びも無く。

例えて言うと、観察モード。

ふーん、すごいなぁ、生き様ってこうもアリアリと姿カタチに出るんやなぁ、みたいな他人風情な気持ち、とでも言いましょうか。

そんな気持ちで、転がるように老いた母を眺めました。

そして母の口から出る妹の悪口を、右耳から左耳にスルーさせながら、私、ようや~っと「母と自分」「母の人生と自分の人生」を切り離せたんだなぁ、としみじみ思いました。

つまりは、母の言動や生き方・在り方が私の自己価値と存在意義に繋がらなくなったため、私の中にある痛みがカウンセリング以前のようにイチイチ過剰反応しなくなった、ということです。

(かつての私の過剰反応とは主に「母の生き方は間違っている!」と、爆発的な怒りの感情を以て正しさの刃物を振り回す、というものでした)

◆ポイント⑦ 長らく人を憎み恨み続けたら、一体どうなるのか

どうなると思いますか?

私は「空っぽ」という表現が、最も的確に現在の母の在り方を表していると思う次第です。

そこには愛もお金も、夢も希望も何も無いんです。

母自らが、それらを全て捨てたんです。

捨てること、持たないこと、受け取らないことを、本人が選択し続けたとも言えます。

これが「お前のせいだ!」と呪いのコトバを吐き続け、決して幸せにならない自分を見せつけることで伴侶へ復讐し続けた人間の姿なんだなぁ、と。

その期間、実に半世紀に渡ります。
         ↑
皆さん、どんなに憎くても親や伴侶へこういう復讐は本当にやめましょう。

物凄く、そして限りなく自分の有限な人生損ねます & 報われない
         
、急死ではなく入院期間があったのに、母に感謝の一言もなく逝ったそう←このギャンブラー父も、かなり人間性に問題ありな人です。

皆さんも同じ復讐するなら、「あなたの毒なんか、これっぽちも効かなかったわ」と、幸せになることでその姿を見せつけてやりましょう。

実は自分として幸せになっていく過程に於いて、何だかそういう色々とこじらせる困難な人とは縁が遠のいていきます。

なので「見せつけてやる」とも思わなくなるのです。もうその類の人とは、チャンネルが合わなくなるのです。

そしてその人は自分にとって影響力のない、「どーでもいい人」みたいな存在になります。

それが言い換えると、「自分の人生のハンドルを、自分で握った」ということです。

または、「自分の人生の舞台に、主役として返り咲いた」ということだと思います。

「一度話してみよう」と思われる方、私はそのあなたの勇気に敬意を払い、
心から歓迎し精一杯あなたに伴走させて頂きます。